トップ

医師専門の転職サイト

医師の転職の選択肢

社会的な立場

医師の転職の特徴について

医師にとって転職は非常に身近な選択肢であるという特徴があります。一般的なサラリーマンとは少し違い、経験を積み技術を身に付けるためには一所に留まっていてはいけないという性質があるのです。そのため定期的に職場を変えることで新しい技術を身に付け、その過程で医師とした新しい技術や知識を身に付けて行くというのが一般的なキャリア形成の道であると言えるでしょう。そのため専門性を身に付ける過程も転職によって決まって行くという性質を持っているのです。早い場合には1年程度のスパンで職場を変えることもありますが、3~5年程度は同じ場所で技術を磨くと言うことも珍しくありません。やがて自分の専門性を明確にして開業をするような場合には、職場を変えていく中で身に付けた様々な技術や経験が生きる場となるのが一般的です。比較的頻繁の職場を変える転職機会の多さに関しては、医師と言う職業に特徴的な要素の一つであると言えるでしょう。

転職の理由と探し方は

医師が転職するというイメージがあまりないかもしれませんが、他の職業と同様に様々な理由で職場を変わる人が多くいます。特に、最近は慢性的な人手不足で長時間労働になり、病院を代わりたいと考える人が増えています。病院を代わりたい理由は、人それぞれに違いますがキャリアアップの為に専門的スキルを身に付けたいだったり、年収を上げるためだったり、家族との時間をもっと取りたいなど、それぞれに違います。しかし、忙しい医師が転職先を見付けるの時間的にも大変ですし、自分で条件に合った病院を探すのは大変な事です。その為多くの人が、専門の転職サイトなどを利用して面倒な手続きなどを専門のキャリアコンサルタントなどに代行してもらい、自分の希望に添った次の病院を探してもらっています。キャリアコンサルタントは、希望に添った病院を探してくれるだけではなく、面接の指導や年収や条件の交渉も行ってくれますので安心した任せる事が出来ます。

↑PAGE TOP