トップ / 大学病院での医師の残業

大学病院での医師の残業

医師が働く仕組み

社会的な立場

医師の残業代について

大学病院では、原則として医師に残業代を出さない、仕組みを有していることが非常に多いです。この原則は、医者不足に悩む、過疎地の大学病院では、あてはまりません。大学病院は、医者が経験できる症例が非常に豊富で、将来のキャリアを形成するうえで、勤務医にとって非常に優位になります。そのためスタンスとしては、勉強の機会を「大学病院が医師に提供している」形になります。残業代がでない設定がなされていることが多く、外勤等のアルバイトで稼ぐ必要があります。

医師の残業は悪い事ではない

医師にとって残業は悪いイメージではありません。何故なら頼られている事になるからです。他の業界でもその理由はありますが、何より仕事量が多くてやむを得ない場合がほとんどです。ですが医療においては、患者がいなければ医師は残業する必要はありません。患者がたくさんいるという事は、病院が信頼されている事に他なりません。そうでなければ定時で終える事も可能になってしまいます。大変な業務ですが、患者に頼られている以上信頼を裏切らないようにしましょう。

↑PAGE TOP