トップ / 医師としてのよりよい人生

医師としてのよりよい人生

医師として楽しむため

社会的な立場

社会的に地位の高い医師

医師は高給取りであったりするため、社会的地位の高い職業に入ります。難しい医学部に入学し、国家試験に合格し、研修を積んで一人前になっていくのですから、そのへんの苦労も考慮すると、それなりの高級取りであっても当然かもしれません。そんな地位に憧れて医師にを目指す方がいますが、実際の仕事はハードですので、それらだけに目がいってしますと、その身分を得ても、決して楽しい人生ではないはずです。そのような考えで目指すのであれば、他にも職業はたくさんあります。やりがいを感じて誠意を持ち働くことが大切です。そしてそこで生きがいや幸せを見つけるものなのです。そんな考えが思い浮かばないようであれば、人間としての生き方を間違っているとしか思えません。自分にはどんな道が向いてるのだろうか、といった考えを持つことです。それが人間として生きることなのです。地位や名誉だけにこだわってしまうと、最終的には辛い事態に陥ってしまいます。

専門医としての地位とは

医学部卒業後、研修医として大学病院の医局で、あるいは民間、公立病院にて研修医として自身の専門分野の確立をしていきます。医師としての地位を確立するには、手術件数や成功率、評判や知名度が高い病院に在籍すること、開業して有名になる事ではなく、学会専門医や認定医の確立することと、その分野での論文実績を積む事が、地位を確立することにになります。これが確立した上で、さらに先にあげた手術件数、成功率等も影響してきます。また、専門医としての立場を確立することで、社会的な立場も変化することとなります。自身の地位を高めれば高めるほど、各方面での公演や学会長、治療センター等での顧問など、診療業務以外での活躍の場が増えてくる事と思われます。専門医は最もメジャーな、内科や整形外科だけではなく、リハビリ科や心療内科、泌尿器科などかなり専門的な科も設けられています。どの科で医師として活躍するかは各自の判断ですが、最も自己適正が高い科を選択することが良いでしょう。

↑PAGE TOP