トップ / 医師のキャリアアップの道

医師のキャリアアップの道

医師のキャリアアップ

社会的な立場

医師のキャリアアップとは

以前は医学部卒業後は、ほぼ全員が医局に属しそのまま組織に身を委ねる時代でした。しかし今は大学医局には属さず、卒業後のキャリアを自分で決定する人が増えています。キャリアアップの一例としては、卒業後10年ほどで認定医や専門医を取得し転職することです。この時期は医師として圧倒的な売り手市場となりますので、給与や待遇などの一般的な条件のみならず、その施設で学べることも考慮した上で転職先を考えたいです。また臨床医として以外の医師としてのキャリアアップの道もあります。例えば、産業医や保険会社などへの転職もあります。

医師のキャリアアップは難しい

医師は、働く気があれば生涯現役として働き続けることができます。しかし、そのキャリアアッププランにはなかなか困難が多いです。成り行きに任せていては、絶好のチャンスを逃すことになりかねません。成功したいのであれば、しっかりとキャリアアッププランを立てて働くことが大切です。開業する医師の平均年齢は41歳とうデータがあります。これを目安に、自らの能力を客観的に判断して、自己分析を重ねていく必要があるでしょう。

↑PAGE TOP