トップ / 医師がかかる心の病気

医師がかかる心の病気

医師のメンタルケア

社会的な立場

医師とうつ病について

昨今、多くの医師がうつ病を患うケースが増えています。勤務医の場合はそれなりのサポートを受けられるケースが多いため患者へのサービスに悪い影響が出る事は少ないです。しかし、開業医の場合はうつ病になると長期間にわたって休診を余儀なくされる事が多いです。今後、医師のメンタルヘルス対策にも力を注がなければうつ病で苦しむ人が減少しないだけではなく、患者に医療サービスを安定的に提供する事が難しくなります。仕事柄彼らの場合その病の発見が遅れがちになります。早期発見、早期治療を行えるシステムを構築する事が求められます。患者の病ばかりに気を取られるのではなく自分の心身の健康管理もしっかりと行う事が大切です。仮になってしまった時は焦らずじっくりと治す事です。焦るとスムーズにケアが行えないだけではなく、社会復帰に多くの時間がかかってしまいます。彼らの心の負担を軽減出来るシステムを構築出来ればそれになる人は少なくなる可能性が高いです。

うつになる事があります

医師でもうつになる時があります。その理由として考えられるのは、プレッシャーです。患者にお礼を言われて励まされる時もあるでしょうが、中には厳しい言葉を投げかけられる時があります。例えば薬が効かないや診断結果が違うのではないかなどです。医師も人間なのですから、何事もわかる訳ではありませんしミスをする可能性があります。それに人によってはお医者様と呼んでいる方がいるように、かなり期待されている事になります。期待されている以上、何とか応えてあげたいと思うはずです。ですがその気持ちとは裏腹に、患者に満足させられない気持ちも大きくなり結果うつになってしまうのです。少子高齢化の現代、医師の存在は必要不可欠なのでなるべくうつにならないように病院側も配慮する必要があります。患者側ができる事はなるべく症状を詳しく話し負担を減らしてあげる事です。後はお礼を言うのを忘れないようにしましょう。人を気遣う気持ちは忘れていけませんし、絶やすべきではありません。

↑PAGE TOP