トップ / 医師が多忙な理由とは

医師が多忙な理由とは

医師の業務は多岐

社会的な立場

病院勤務の医師の業務は

病院勤務の医師の業務は、自分が担当している入院患者さんや外来の担当日の診療だけではありません。病院内では診療報酬点数表にもとづく施設基準で各種の委員会の存在があります。医療事故を防ぐための医療安全委員会をはじめ、経営や教育といった観点からの委員会もあります。そういった委員会活動も業務の一つです。そのほか、特殊検査の施行と診断もあります。例えば、内視鏡検査は原則医師が施行します。また心電図検査は検査技師が施行しますが、循環器内科の専門医が専門医としての視点から診断を行います。多忙といわれるのも納得です。

医師の業務は多種多彩

医師の業務は多種多様です。患者さんを診察するのがメインの仕事ですが、外来の患者さんの診察時間が終われば、入院患者の診察をしなければならなかったりします。他にも病院に来られない患者さんのためには、家まで往診に行かなければならない時もあります。医師の業務は患者さんに関わることであれば、どんなことでもやらなければならないくらい大変です。しかし、患者さんから信頼されるようになれば、本当のやりがいにつながるでしょう。

↑PAGE TOP