トップ / 医師が転科する時に考える

医師が転科する時に考える

医師の転科とはなにか

社会的な立場

医師が転科を行う事について

医師は容易に転科を行う事が出来ます。自分が活躍したいと考える科に転科し、キャリアを積み重ねる事が出来ます。一方、患者は途中からその科で勤務するようになった人間に対して不安を感じるケースが多いです。経験不足や我慢強くない点を批判する事もあります。医師が転科を行う時は自分自身の事よりも患者の事を最優先に考えた方が良いです。患者の事を軽視してしまうと経営がうまくできず、患者に安定的に医療サービスを提供する事が難しくなります。安易に動くのではなく慎重に物事を判断してから決断を下した方が良いです。科によって行う事は違います。別の科を選択した場合、その科になじむまでに多くの時間を費やす可能性が高いです。本人の心身のストレスが増大し、苦しむ事になります。自分自身や患者の利益を重視した場合、科を変更する事はデメリットが多いです。それでも行う時は事前の準備を慎重に行い、患者に迷惑をかけないようにする事です。

医師の転科とキャリアアップについて

医師の専門領域は多岐に亘ります。慶應義塾大学医学部を例にとると、内科学(リウマチ・血液・神経・呼吸器・消化器・腎臓内分泌代謝・循環器)、外科学(脳神経・呼吸器・心臓血管)、泌尿器科学、皮膚科学、歯科学、耳鼻咽喉科学、眼科学といった領域に分かれています。これらの領域に医師が配属先を決定するのは、卒後臨床研修を経た後になります。卒後臨床研修ではいくつかの診療科をローテーションしながら、自身の適正を判断する期間が設けられています。医者は生涯の中で転科を何度か行うことが出来ますが、一般的には1回が限界とされています。そのため、卒後臨床研修(初期臨床研修)の2年間の間に、自身の適正をしっかりと判断して、専門領域を確定させる必要があります。転科が最も一般的なのは、臨床医から基礎医学に転向するケースです。慶應義塾大学の前学部長である末松誠氏は、消化器内科から医化学に転向し、学部長になった経歴を持ちます。キャリアアップのために転科を効率よく利用しましょう。

↑PAGE TOP