トップ / 産婦人科医師の働き方

産婦人科医師の働き方

産婦人科医師として

社会的な立場

産婦人科の医師について

医師は、それぞれの科における業務に対する心構えも様々です。産婦人科では、新たな生命の誕生の手助けをおこなう重要な役割を担っています。そして、母子ともに健康であることに努めます。そのためには、妊娠期間中や出産時期、更には産後のケアを徹底します。順調な発育がおこなわれているかどうかについての不安は常につきまといます。その気持ちをほぐしていくことも、母体において安定した状態を保つためには必要になります。

産婦人科は命の大切さを扱う医師

医業を行うためには、医師国家試験に合格しなければなりません。その診療科目の中でも産婦人科は、命の大切さを取り扱う診療科目のことです。この診療科目は、命の誕生や婦人科疾患を取り扱う科目ですが、内科や外科に関する分野についても取り扱う特別な科目なのです。症状に合わせて薬を投与したり、出産の際に起こる出血や傷に対する縫うという外科的な処置も求められます。そのために、幅広い知識と技術が必要な診療科目なのです。

↑PAGE TOP