トップ / 産業医として仕事をする

産業医として仕事をする

産業医の働き方とは

社会的な立場

産業医の働き方を知ろう

医師の働き口は企業にまで及びますから、入院患者を受け入れる建物にばかり在籍しているのではありません。産業医が頑張りを見せられる場面は、働き口で労働力と引き換えに給料を受け取っている人たちが健康的に活動できるように活動するときです。手術が伴わない働き口には、医師の人間的な能力が試される瞬間が頻発します。遅くまで働く人ばかりで構成された組織に配属された人なら、精神的な健康を増進させるべく上手な声かけが必要不可欠です。悩み事を抱えたまま誰にも打ち明けることができないと、労働力の全てを発揮しきれなくなります。

産業医の悩みを軽くするためには

働く場に話を聞いて肯定したり現状の解決策を提示する人が存在するならば、気持ちを軽くする効果が期待できて組織全体の活性化に貢献できるというわけです。精神面だけではなくて、食生活や不規則な就寝時間などに起因して起こる疾病の改善にも取り組む必要性に駆られます。不摂生を続けることによって何が起こるのかを周知徹底させる一環として、個人面談の折に直接的に伝えたり張り紙を作成するなどの活動が効果的です。労働者の健康を守るために、産業医はありとあらゆる取り組みを実践することになります。

↑PAGE TOP