トップ / 麻酔科の重要な役割り

麻酔科の重要な役割り

麻酔科医の印象とは

社会的な立場

麻酔科医のやりがいとは

麻酔科医と聞くと、どんな印象を受けるでしょうか。一見地味に思われがちかもしれませんが、手術の進行によって変化する患者の様態を管理したり、痛みをコントロールしたりするやりがいの大きな仕事です。特に全身麻酔中は呼吸などの生命維持機能が停止した状態にあるため、麻酔が生命維持全般にかかわってきます。実際、麻酔がなければ身体に大きな負担がかかりすぎて、手術を受けることは困難です。ですから、麻酔科医というのは手術を担当する医師と同様、非常に重要な役割を果たしています。

麻酔科は眠らせるだけではない

麻酔科の医師と言うと、「手術中に患者さんを眠らせる」というイメージしかないかもしれませんが、実は手術室の指揮者とも言われています。手術中に患者さんを眠らせるだけではなく、患者さんのすべての体調管理を行っています。手術中は出血の関係などで血圧が下がったしますが、それをうまくコントロールするのも麻酔科医の役目です。時には、「手術を中断してください」と術者に告げることもあります。退院するときに患者さんから「ありがとう」を言われることは、まずありませんが、頼もしい縁の下の力持ちです。

↑PAGE TOP